チャリ旅日記

旅の記録をつけるよ

もう九月て、、、

 


どうもリョウスケです

 


旅90日目

2022年9月2日金曜日

天気 雨

大分[湯布院→大分市

 

 

f:id:kryo428:20220908203540j:image
大分市に到着した。

ここまでくると大分も半分以上

九州旅もあと少しだ。

 

 

 

九月か、、、

 


もう九月なんですか。

早いものですね。

まだ九州ですよ、間に合うんですか?

 


今年中に全国制覇を成し遂げてやろうと

九州から再開した旅も、

四ヶ月が経ったいまもまだ九州にいる。

 


間に合うのだろうか、、、

相変わらず外は日中暑いけど

夜と朝は随分と涼しくもなってきていた。

このままだと

いつ旅に支障が出始めるかわからない。

 


ニュース記事によると

今年は十月あたりまで残暑が残るかもしれませんということだった。

本来ならば歓迎しかねる事実なのに、

今回ばかりはその記事に少しだけ安堵している。

 


十月いっぱいは旅ができるかもしれない、、、

 


それでもタイムリミットは確実に近づいていた

もう九月なのだ。

そしてあっという間に十月だ。

 


え、間に合わなくない???

 


どこかで妥協しなきゃ行けない時が来るのだろうか

何にしても中途半端が一番辛い。

あともう少しじゃん!

ってタイミングで「次回へ続く」では

モチベーションも上がりにくいし、

達成感も中途半端になるのではないかと懸念している。

 


このまま無理をしてでも

今年中に旅をやり遂げるべきなのか。

それとも、中途半端覚悟で

また来年!

と一旦ここで止めるのか。

 


とりあえずはもう少しだけ頑張って旅をできる限りは続けてみよう。

そして、いい加減限界だぞと思ったタイミングで

今後について改めて考えようと思う。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

f:id:kryo428:20220908203854j:image
f:id:kryo428:20220908203848j:imageキリシタン大名大友宗麟


f:id:kryo428:20220908203851j:imageザビエルさん。大友宗麟によってこのあたりの地域の布教を許された。

 

f:id:kryo428:20220908204637j:image
f:id:kryo428:20220908204627j:image

府内城は外観は立派な城郭である。周囲を堀と石垣と塀と大きな門によって囲っている。これはかなり期待が持てるぞ、とワクワクしながら城内に入っていくと、、、


f:id:kryo428:20220908204634j:image

広い城内のほとんどが現在駐車場として利用されていて、外観と城内とのギャップに心底がっかりさせられる。設置されていた看板によると、将来的には観光地として整備されるそうだが、いまのところはその兆しが一切なかった。


f:id:kryo428:20220908204630j:image

天守台から見下ろすといかに駐車場でしかないかがよくわかる。


f:id:kryo428:20220908204640j:image
f:id:kryo428:20220908204624j:image
f:id:kryo428:20220908204621j:image

廊下橋ーー復元されたこれと外観だけがこのお城の唯一の魅力である。中も歩いて渡れてお城情緒を楽しめる。

 

f:id:kryo428:20220908205013j:image
f:id:kryo428:20220908205010j:image
f:id:kryo428:20220908205003j:image
f:id:kryo428:20220908205007j:image大分はやっぱりかぼすらしい。