チャリ旅日記

旅の記録をつけるよ

沖ノ島をのぞむ

 


どうもリョウスケです

 

 

旅3日目

2022年5月20日

福岡[大島]

天気 曇り時々小雨

 


島の道はアップダウンが激しい。

島のパンフレットによると、

自転車でフェリーターミナルから20分

と書かれていたのに、

いざ向かってみると40分も時間が掛かった。

 


意外と近いかもと思っていたのに

話が違う。

 


原因は坂道がやたらと多いことだった。

登っては降りての繰り返し

距離のわりに全然前に進めやしない。

 

まさか島総出でフェイクニュースを流すなんて、、、

 

と思っていたら、

わたしの横を颯爽と自転車が追い抜いて行った。

よくみるとそれは、

観光客向けのレンタサイクルである。

しかもそいつはわたしなんかの超積載済み

ロースペック自転車とはまるで違う、

超ハイテク電動機能付き自転車だったのだ。

 

おそらく観光案内情報でも、

このハイテク自転車を参考にして明記されているに違いない。

 

 

 

それでも時間をかけながら

のらりくらりと島の名所を一つ一つ巡っていった。

 


御嶽山展望台と呼ばれるそこは、

晴れていると高確率で沖ノ島が見えると言われる

展望台である。

 


だがしかし、

今日の天気はあいにく曇り。

 


諦め半分で展望台まで登っていく。

すると、

霞みがかったその先に、

うっすらと島のような影がぼんやり確認できる

f:id:kryo428:20220520205433j:image

肉眼でじっくりと眼を凝らさないと見えないが、

きっとあれが沖ノ島に違いない。

 

ついに沖ノ島を確認したのだ

これで世界遺産をまた一つ達成したと言えるぞ

 


ああ神様。

やっぱりあなたは懐が深いおひとであったと

神に心の底から感謝するのである。

 


緑豊かで景色も抜群なこの島は、

世界遺産である前に

観光地としても十分楽しめる島だった。

 

f:id:kryo428:20220520210051j:image
f:id:kryo428:20220520210036j:image
f:id:kryo428:20220520210045j:image
f:id:kryo428:20220520210042j:image

うしろの窓から沖ノ島が見えるようになっている


f:id:kryo428:20220520210039j:image
f:id:kryo428:20220520210032j:image

砲台跡と風車


f:id:kryo428:20220520210029j:image
f:id:kryo428:20220520210048j:image

大島名産の甘夏と塩を使ったサイダーとアイス

 

f:id:kryo428:20220520210210j:image