チャリ旅日記

旅の記録をつけるよ

景観としめ縄とフクロウ神社

 


どうもリョウスケです

 


旅4日目

2022年5月21日

天気 晴れ

福岡[大島→新原・奴山古墳→宮地嶽神社大野城市

 

 

 

ここ数日何かと神社に縁がある。

神社はどこか落ち着いた雰囲気と

緑豊かな景観が、

旅の疲れを癒してくれるからホッとする。

 


今日もある有名な神社に一つ訪れた。

そこは海岸からまっすぐ参道が続いた先にある。

鳥居を潜って階段を登って

後ろを振り返ると、

そこには『光の道』と呼ばれる

美しい景観が姿を現し

あまりのインパクトに息を呑んだ。

f:id:kryo428:20220521211713j:image


夕日に照らされると、

道が光に包まれてより美しいと聞く。

それでも青空の広がる今日は、

その景観に勝るとも劣らないんじゃないかと

勝手に納得するほど、

青空と参道が絶妙な素晴らしい景色である。

 


境内にたどり着くと

まず最初に見えてくるのが大きなしめ縄だった。

しめ縄はお相撲さんの胴回りぐらいの

太さがあると思われ、

あっと驚く迫力を備えている。

f:id:kryo428:20220521211803j:image


出雲大社では見たことがあったが、

まさかこんなところにも

これだけのしめ縄を拝見できるとは思わなかった。

 


ーー景観が美しいよ

という浅はかな情報だけを頼りに訪れたが

え、実はすごい由緒ある神社だったのでは、、、

とそこで初めて

この神社に対する心構えが変わった。

 


少し背筋が伸びたのは言うまでもない。

 


その他にも目を引いたのが

フクロウである。

 


愛くるしい見た目と

理知的な雰囲気と

犬に対して威嚇するそのギャップと

f:id:kryo428:20220521211939j:image


普段あまりお目にかかれないだけに

彼らだけでも

何時間でも堪能できそうだった。

 

 

 

宮地嶽神社は、美しい景観と

ダイナミックなしめ縄と

キュートな二匹のフクロウのいる、

一段と印象深い神社である。

 


神社に造詣の浅い私にとって

神社はどこも似たような造りに見えて

ふと思い返すと

どれがどの神社だったかと混濁することが多い。

それだけにここは

ずば抜けて印象深い造りで、

なんだか妙に楽しいと感じた神社だった。

 


今度は夕日を見に訪れようと思う。

 

 

f:id:kryo428:20220521212506j:image

朝一番に大島を発つ


f:id:kryo428:20220521212452j:image

沖ノ島世界遺産に登録された古墳群


f:id:kryo428:20220521212457j:image

犬に威嚇するフクロウ


f:id:kryo428:20220521212509j:image

なんか背の高い狛犬


f:id:kryo428:20220521212512j:image
f:id:kryo428:20220521212502j:image

福岡の海は汚いと勝手に思っていました

すいません。めちゃくちゃキレイです。


f:id:kryo428:20220521212500j:image