チャリ旅日記

旅の記録をつけるよ

洞窟ってなんでこんなにドキドキするんだろう

どうもリョウスケです

 


旅57日目

岩手(宮古浄土ヶ浜龍泉洞→道の駅野田)

天気 曇りのち雨

 


感動しました。

たまに出会う想像を超越した風景

旅をしていて

いろんな所を巡っていると

時々そういう所を訪れる

 


もちろんどこの名所にいっても

綺麗、スゴイ、などのありきたりなリアクションはよくあって

人生で経験したことのない体験の

連続なのだけれど

殊、この場を訪れた時の衝撃は凄まじかった

 


龍泉洞

f:id:kryo428:20180805211207j:image

日本の三大鍾乳洞の一つとされる

洞窟総延長距離3000メートル以上あり、そのうち700メートル程が公開されていて

見ることができる。

f:id:kryo428:20180805211745j:image
f:id:kryo428:20180805211740j:image

中には鍾乳洞の他に地底湖も存在する

この地底湖が凄い

 


洞窟を奥に進むと下に降る階段があり、そこを降りて行くと木で足場が組まれたその下に地底湖が広がっている。

f:id:kryo428:20180805211556j:image
f:id:kryo428:20180805211600j:image

水深は30メートルから98メートルの深さがあるのだが

とにかく水の透明度に驚かされる

数十メートルの深さにある岩がくっきりと見えるのである。

それは神秘的でもあり、

同時に不思議と恐ろしく、落ちたら戻ってこれない様な恐怖を感じる。

だがそれがまた魅力的であり、ずっと眺めていたいような

謎の魔力を秘めている。

 


三大鍾乳洞と評されるだけあって

鍾乳洞も見事である。

何十年、何百年の年月をかけて少しずつ作られていく鍾乳洞

長いものから短いものまで様々な歴史を感じさせている

人間からすると気の遠くなるような年月をその身に携えそこに佇む姿は

山にこもる仙人さながらに風格を漂わせる

f:id:kryo428:20180805212437j:image
f:id:kryo428:20180805212433j:image

まさにいま形成されとるね

 


洞窟内も奥深くまで続いており

ライトの光によってより幻想的に見える工夫がされていて美しい

f:id:kryo428:20180805212642j:image
f:id:kryo428:20180805212635j:image


三大などと言うのだからまだ行っていない鍾乳洞があと二つある。

鍾乳洞マニアではなかったつもりだが

これを機に全部見て回るのも

いいかもしれない

 


リョウスケ

 

 

f:id:kryo428:20180805213118j:image
f:id:kryo428:20180805213123j:image
f:id:kryo428:20180805213107j:image

浄土ヶ浜にも行きました。

綺麗、スゴイ、の浄土ヶ浜

すかっと晴れているともっと美しい景色が見れたのかなと思う。
f:id:kryo428:20180805213130j:image

出た! 恋人の聖地

まじでどこにでもあるな
f:id:kryo428:20180805213113j:image

うん、見えない。