チャリ旅日記

旅の記録をつけるよ

謎ルールに縛られる

 


どうもリョウスケです

 


旅145日目

2022年11月7日月曜日

天気 曇りやがて雨

徳島[海陽町→轟の滝→那賀町

 


同じ道をなるべく走らないという

旅の謎ルールがある。

はっきりと決めたわけではない。

ただ、なんとなく

たとえ遠回りだとわかっていても、

せっかくだったら

なるべく違う道を走りたいと思うわけで。。。

 

 

 

海陽町という小さな海沿いの町から

山に向かって進むと

『轟の滝』と呼ばれる日本の滝百選にも

選出された滝がある。

そこにどうしても行きたくて、

山奥とわかっていても、

頑張って進んでみることにしたのだ。

 


ーー片道三時間。

坂道をひたすら登って滝に辿り着くと、

滝はとんでもなく素晴らしかった。

 

f:id:kryo428:20221116172717j:image
背の高い岩場の上から流れ落ちる滝は

大きな岩場と岩場の隙間から、

ちらりとかろうじて覗き見ることが出来る。

f:id:kryo428:20221116172807j:image
このはっきりと正面から望めないところが

なんとも言えず秘境間を感じて、

より滝に神秘性を強く感じるのだった。

 

 

 

さて、滝をさんざん満喫したところで

これからどうしようかと考える。

 


次に目指すは徳島市だった。

海岸線を北上すればたどり着く徳島市

行くなら、

謎の多い山道を先に進むより、

道を既に把握している

来た道をそのまま引き返すのが無難である。

 


が、ここで謎ルールが頭の中を渦巻いた。

 


戻るだけの道のりは退屈だ。

このまま進んで

峠を越えて海岸線を目指す方法だってある。

 

その方が、

退屈しないで済むかもしれない。

 


なんてことを思ったばかりに、

気づけば何キロもある峠道を必死の思いで

駆け登っていた。

 

峠は想像以上に過酷で苦しく

想像以上に時間を費やし、

徐々に太陽が沈んで暗くなっていく。

景色は山と森と道しかなくて

涙が出るほど何もない。

暗いし怖いし寒い上に雨まで降りはじめて

絶望的な状況だった。

f:id:kryo428:20221116173100j:image

にも関わらず

もう少しもう少しと粘ったがために

気づいた頃には引き返そうにも手遅れな状況で、

進んでも戻っても

山奥真っ暗びちょびちょ雨の地獄街道まっしぐら。

 


その後も泣きながら走り続けること数時間。

ようやくたどり着いた街明かりに

ほっと胸を撫で下ろすと、

小さな町の

小さな公園に無理やりテントを張りつけ

どうにか難を逃れることができた。

 


もう懲り懲りである。

泣きたくなるほど無理しなきゃいけない

謎ルールってなんなのだ!?

 


さっさと来た道を引き返して

海岸線を北上した方が

辛い思いをせずに済んだはずである。

 


こういう謎ルールが他にもたくさんある。

謎ルールを作ることで自分だけの旅が構築できると信じているが、

それもこれも心と体に余裕があってこそ。

 

余裕がないなら臨機応変に対応するのも

旅には必要なスキルである。

 


一日一杯だけと決めたコーヒーを飲みながら

そんなことをふと考えるのだった。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

f:id:kryo428:20221116173849j:image轟の滝


f:id:kryo428:20221116173830j:image神社まで登って下りていったところに滝がある。


f:id:kryo428:20221116173842j:image
f:id:kryo428:20221116173852j:image
f:id:kryo428:20221116173859j:image滝の入り口。鳥居をくぐって


f:id:kryo428:20221116173906j:image進んでいくと


f:id:kryo428:20221116173845j:image
f:id:kryo428:20221116173834j:image池と岩の向こうに滝が出現


f:id:kryo428:20221116173814j:image
f:id:kryo428:20221116173838j:image轟の滝はこれだけではなく、実は山を登っていくとその先にも幾つも滝があるのだが、


f:id:kryo428:20221116173822j:image
f:id:kryo428:20221116173826j:image長い遊歩道を登っていかねばならず


f:id:kryo428:20221116173818j:image二重の滝


f:id:kryo428:20221116173855j:imageまだ先にもありそうだったが、一つ見たら満足したので、もういいかと引き返すことにした。時間と体力に余裕がある時にまた来ようと思う。


f:id:kryo428:20221116173903j:image峠のてっぺん。ここで既に四時近くになっていて内心かなり焦っていた。