チャリ旅日記

旅の記録をつけるよ

懐かしい景色

 


どうもリョウスケです

 


旅101、102日目

2022年9月20日火曜日

天気 晴れ

福岡→山口[福岡市→門司→下関→山陽小野田市

 


福岡市から門司へと向かう道のりは

一度通過した道のりである。

その時は門司から福岡市へと向かっていたから、

今回はその逆向きを走っていた。

 


不思議なものである。

この道を走るのはおよそ四ヶ月ぶり

旅として考えると長いけど

期間としてはたったまだ四ヶ月である。

なのに、四ヶ月ぶりの道のりは

なぜかどこか不思議と懐かしく感じた。

 


意外と覚えているもので。

f:id:kryo428:20220922212721j:image

立ち寄った海岸

休憩した道の駅

苦労した坂道

f:id:kryo428:20220922213553j:image

食料を買ったスーパー

初日に利用したキャンプ場

そして、

久しぶりに訪れた門司港

f:id:kryo428:20220922213226j:image


どこも懐かしく

どこかエモさを感じる。

 


数年前の出来事ならまだこの感情にも

納得することができる。

ところがたった四ヶ月前のことなのに、

不思議とすべてが懐かしくて涙が出そうだった。

 


わたしにとってこの四ヶ月は

なんだったのだろう。

長いようで短くて

いろんなことがあったようで

あっという間の出来事だったような

 


それでもこのエモいという感情が

すべてを物語っているような気がした。

 


旅はまだ続くのだ。

振り返るにはまだ早いと思いつつ、

九州旅を一つの物語として

そっとアルバムにしまいたくなるのだった。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー


f:id:kryo428:20220922212718j:imageキレイな貝殻は拾っちゃう。実はカバンに四つ目くらい。


f:id:kryo428:20220922212715j:image
f:id:kryo428:20220922212624j:image
f:id:kryo428:20220922212730j:image
f:id:kryo428:20220922212612j:imageじゃこ飯


f:id:kryo428:20220922212711j:image
f:id:kryo428:20220922212633j:image探照灯台座跡


f:id:kryo428:20220922212621j:image宮本武蔵の養子である宮本伊織が立てたとされる宮本武蔵の碑ーー伊織は小説にも登場するが、まさか実在した人物だったことを初めて知った。なぜだかわからないけど鳥肌が立った。


f:id:kryo428:20220922212637j:image佐々木小次郎の碑もある。この碑がある手向山からは巌流島がかすかに見渡すことができる。


f:id:kryo428:20220922212641j:imageかすかに、、、


f:id:kryo428:20220922212707j:image砲台跡ーー明治期に陸軍が所有していた砲台の跡。実戦では使われていないらしい。


f:id:kryo428:20220922212703j:image
f:id:kryo428:20220922212604j:image正面に巌流島が見える。懐かしい。現在は銅像しかないけれど、武蔵好きのわたしとしてはもう一度行ってみたい気持ちにさせる。


f:id:kryo428:20220922212726j:image門司港駅ーー懐かしい。初日に訪れた記憶が既に懐かしい。


f:id:kryo428:20220922212658j:image門司港ーーレトロな雰囲気が、ああ懐かしい。


f:id:kryo428:20220922212649j:imageバナナマン


f:id:kryo428:20220922212608j:image関門海峡ーーいよいよ九州ともこれでお別れ。


f:id:kryo428:20220922212654j:imageトンネルを抜けると山口県


f:id:kryo428:20220922212616j:image
f:id:kryo428:20220922212601j:imageそして山口へ。山口へは3年ぶりの帰還である。


f:id:kryo428:20220922212645j:image壇ノ浦の戦いの像ーー懐かしい。3年ぶりだから、これは本当に懐かしい。