チャリ旅日記

旅の記録をつけるよ

行列のできるラーメン店

 


どうもリョウスケです

 


旅99日目

2022年9月17日土曜日

天気 曇り雨

福岡[糸田町→福岡市]

 


福岡でやり残したことがある。

ラーメンだ。ラーメンをまだ食べていなかった。

 


前回訪れた時、

うどんとラーメンで悩んで

決められないからどちらも食べようと

うどんを先に食べたら

お腹がいっぱいになってしまい

結局ラーメンを食べずに福岡を出た。

 


福岡にきたのにラーメンを食べなかったことは

ディズニーランドにきたのにアトラクションに

乗らずに帰ったことと同じである。

 


せっかく福岡に戻ってきたのだから

今度こそはと博多に寄り道。

 


福岡市までの道のりは想像以上に傾斜が激しく

嫌というほど坂を登り、

そしてたどり着いたラーメン店は

嫌というほど行列の絶えない店だった。

 

f:id:kryo428:20220920211057j:image
飲食店では見た事がない長い行列。

噂では過去に3時間近く並んだ人もいると知って、

 


ラーメン一杯で3時間!?

それだけうまい店なのかもしれないし、

むしろそれだけ並んだら

うまくなければ暴動を起こすレベルである。

 


そうこうしているうちに列も進み

幸いにも3時間は並ばずに店内へ(約1時間半)

 

 

 

席に着くなり

さっそくラーメン登場!

 

f:id:kryo428:20220920211125j:image
白濁した色合いと

豚臭さの奥にある食欲をそそる芳香

大好きなチャーシューや味玉

そして、豚骨ラーメンならではの極細麺

 


とんこつラーメンは決まって麺の硬さを

尋ねられる。

固いのが好みだったから「固めで」と

注文したが、本当はさらにその上にあると

聞く「バリカタ」というのに興味があった。

 


でもこれは他県民がにわかに注文して

いいものかと悩んだ挙句、

ヒヨってしまい「固めで、、、]としか

注文できなかったのだ。

 


それでもラーメンはスープもクリーミー

麺の硬さもほどよく固く

少し苦手だった豚臭さもそれほど抵抗がない

さらにそこに食欲がプラスされたことによって

一口食べると全身を震わせる美味さだった。

 


そして、博多ラーメンといえば

例の「替え玉」である。

 


本当は一杯だけでも十分なボリュームだった。

しかし博多ラーメンを食べに来て

替え玉を注文しないとは、

それで最大限のコンテンツを満喫したとは

言い切れないのではないか。

 


形から入りたいわたしとしては

替え玉は必須だった。

 


腹を抱えながら替え玉を注文し

備え付けの紅しょうがと

高菜漬けをトッピング

 


スープを啜るとあっさりとした味わいになって

なるほどこれなら何杯でも行ける!

 


・・・と思ったのはまやかしである。

 


やっぱり替え玉はさすがに多かった。

少し気持ち悪さを覚えながらすべて食べ尽くすと

スープまで残さず飲んで、

満足感と満腹感を満たしながら重たい腹を抱えて店を出た。

 


店を出るとまだ長蛇の列ができていた。

f:id:kryo428:20220920211248j:image

もう四時である。

さすが人気店だとびっくりしながら

「やっぱりバリカタにも挑戦すべきだったな」

とそれだけが心残りなのだった。