チャリ旅日記

旅の記録をつけるよ

白熊を食してやったぜ!

 


どうもリョウスケです

 


旅47日目

2022年7月4日月曜日

天気 雨

鹿児島[鹿児島市

 


白熊という名のかき氷がある。

練乳の混ざった白いかき氷に

フルーツや寒天などが

上に乗っかる見た目も楽しいかき氷である。

 


鹿児島の名物スイーツで、

あらゆる喫茶店で提供されており

 


中でも発祥店として有名な『むじゃき』という

店に行ってみることにした。

 

 

f:id:kryo428:20220707222822j:image

外側からもテーマパーク感のある店舗は、

若干一人で入るのに

抵抗を感じてしまうたたずまい。

それでも勇気を振り絞って威勢よく暖簾をくぐると

そそくさと席につき

さっそく店員さんに「白熊お願いします!」

と少し渋い感じでメニューを注文。

 


臆しては負けだと強く自分に言い聞かせる。

 


いかにも女子やカップ

もしくは家族連れが多そうな店だからといって

気持ちで負けたらダメなのだ。

 


白熊にはベビーサイズと

レギュラーサイズがある。

 


一人ならベビーサイズでも十分かもしれなかったが

ここで臆しては負けだと、

レギュラーサイズを注文してみることに。

 


ドキドキしながら待つこと数分

出てきたソイツに度肝を抜く。

f:id:kryo428:20220707222923j:image

白熊だ!

本当に白熊だった!

南国の地に、

白熊さんが突如として現れたのだ!?

 


・・・と感動したのは最初の五秒で、

そこからは想像以上にデカイ白熊に動揺が隠せない。

周囲の目が気になり、

こんなに食べられるかどうかが心配になり、

店員のお姉さんによる

白熊解説に戸惑いを覚えつつ

 


最初の一口目を食べてみた。

練乳の甘さとかき氷のひんやり感が絶妙で

フルーツのさっぱり感が

どんだけでもパクパクいけるアクセントになっていて

うま〜い。

なんだか笑顔になれる美味しさだった。

 


ところがやっぱり

レギュラーサイズは一人分としては多いようで、

味こそさっぱりしていて

いくらでも食べることができたのだが、

とにかく腹が膨れる。

まさかかき氷で腹が膨れるとは思わず、

直前に昼食を食べてしまったことを酷く後悔した。

 

f:id:kryo428:20220707223150j:image
それでも頑張って食べ進め

最後の一口をなんとか平らげ席を立つ。

店を出る時もあえて胸を張り

会計を済ますと威勢よく「ごちそうさまでした!」

と店員さんに告げ、

堂々としたたたずまいで暖簾をくぐった。

 


臆したら負けである。

負けなかった自分に最大の賛辞を送りたい。

 

 

ーーーーーーーーーーーーー

 

 

f:id:kryo428:20220707223500j:image

熊さんがいた。73年ってすげえな!


f:id:kryo428:20220707223457j:image

とぼけた表情がなんだか可愛い。目と口はレイズンで、鼻はさくらんぼになっていますーーと店員さんが丁寧に教えてくれた。


f:id:kryo428:20220707223504j:image

甘納豆らしきものや、和菓子っぽいものも入っていて、それがどのあれよりも甘い。

 

f:id:kryo428:20220707223539j:image

完食。一食分以上のボリュームがある。腹パンパンで店を出る。