チャリ旅日記

旅の記録をつけるよ

西郷どんに良介どんと言われたい

 


どうもリョウスケです

 


旅45日目

2022年7月1日金曜日

天気 晴れ

鹿児島[指宿市鹿児島市

 


西郷隆盛の生涯に迫る。

f:id:kryo428:20220703202540j:image

鹿児島といえば彼を置いて語ることができない。

新時代を切り拓いた立役者の一人で

西郷どんの愛称で親しまれる鹿児島一の有名人。

 


鹿児島の中心地の近くには

彼が最期を迎えたとされる終焉の地が存在する。

 


考え方の違いから明治政府を退き

自ら私学校を鹿児島に設立。

彼を慕う私学校の生徒たちの政府への反乱が

きっかけで

再び日本最後の内乱を起こすと、

終焉の地である地元鹿児島で戦果のすえに息をひきとった。

 


彼の終焉の地へ赴いてみる。

f:id:kryo428:20220703203332j:image

石碑がポツンと残るそこで銃弾を2発受けると、

彼は無念の死を遂げたのだった。

彼に対する知識はほとんど

竜馬がゆく」から来ているわたしも、

彼がどれほどの大人物だったかはよくわかる。

 


竜馬も西郷どんも早過ぎる死だった。

彼らがその後も生きていたら

日本はどんな国になっていただろうか、、、。

そんなifをふと考えたくなる。

 


会ってみたいなとそう思わせる偉大な人物

 


でも、きっと会ったら会ったで

男ならもっとシャキッとするでごわす!!

と説教されるのだろう

 


新時代のためにもっと働くでごわす!!

と無職のわたしに痛恨の一撃を喰らわすのである。

 


ああいやだ。

怒られるのは誰であっても嫌なのだ。

 


西郷どんを街中で見かけるようなことがもしあったとしたら、

やっぱり迷うことなく物陰に隠れようと思う。

 

 

ーーーーーーーーーーーーー

 

 

f:id:kryo428:20220703203932j:image

島津氏の居城で、西南戦争最後の舞台となった戦地。


f:id:kryo428:20220703203939j:image

石垣には無数に銃弾のあとが生々しく残っている。


f:id:kryo428:20220703203859j:image

天璋院篤姫


f:id:kryo428:20220703203927j:image

西郷隆盛洞窟ーー西郷隆盛が最後の数日間を隠れて過ごした洞窟。覗き込むと大学生の下宿ぐらいの広さしかない。


f:id:kryo428:20220703203920j:image

私学校跡地ーーこれら西郷隆盛ゆかりの地はすべて半径1キロぐらいにある。すべてがここから始まり、そして、熊本城などで戦った後にこのあたりで最期を迎えたのだ。


f:id:kryo428:20220703203906j:image
f:id:kryo428:20220703203916j:image

鹿児島からは目の前にデカデカと桜島が見渡せる。


f:id:kryo428:20220703203902j:image
f:id:kryo428:20220703203911j:image
f:id:kryo428:20220703203923j:image
f:id:kryo428:20220703203936j:image

鹿児島ゆかりの人たちの銅像が街のあちこちに点在する。九州の中でも薩摩は、幕末、そして明治の歴史の中心地の一つだ。数多くの偉人たちを輩出している。