チャリ旅日記

旅の記録をつけるよ

月山富田城

 


どうもリョウスケです

 

 

 

旅227日目

島根(道の駅→松江)

天気  くもりはれ

 

 

 

月山富田城

f:id:kryo428:20191002202047j:image

小高い山の上に築かれた山城である。

道の駅が近くにあって、

そこから歩いて登ることができる。

f:id:kryo428:20191002202154j:image

観光客がほとんどいないのは平日の朝ということも

あるのだろうが、

f:id:kryo428:20191002202332j:image
f:id:kryo428:20191002202335j:image

わりとマニアックなお城なのだと思う。

同じ100名城でも、人気のお城と知名度が劇的に低いお城とでは、

来ている人の数から

客層から全然と言っていいほど違う。

f:id:kryo428:20191002202525j:image
f:id:kryo428:20191002202528j:image

著名なお城は、

例えば昨日行った松代城などは、

国宝に指定されていることもあってか

若い男女の観光客や

海外から来る観光客も非常に多い。

逆に知名度の低いお城に至っては、

城マニアかお年寄りの夫婦がほとんどである。

f:id:kryo428:20191002202652j:image
f:id:kryo428:20191002202655j:image
富田城は明らかに後者だろう。

私が無知なだけで

全国から見るとかなり有名な城だとすれば

こんな恥ずかしい持論はないが

あながち間違ってはないないはずだと思う。

f:id:kryo428:20191002202814j:image
f:id:kryo428:20191002202818j:image

とはいえ、

私はそんな知名度の低いお城を否定している訳ではない。

むしろ失礼な表現を使うなら

心の底から有難い。

なぜなら知名度の高いお城はというと、

とにかく人が多い、、

早朝に行こうが夕方に行こうが平日に行こうが休日に行こうが

構わず人が多いものだから

どんな美しい景観も

一瞬にして壊れてしまうのである。

写真に特別拘りが強いわけではないのだが

それでもできたら

人がなるべく写っていない写真を望んでしまう。

だから、人が少ないって、有難い。。

f:id:kryo428:20191002202929j:image
f:id:kryo428:20191002202934j:image
誰も写り込まない

自分の撮りたい景色をそのまま写真に収められる

そして何より

人が少ないお城は落ち着いている。

じじいみたいなことを言うが

やっぱり静かで落ち着いた雰囲気を持った所が

私は好きだ。。

のんびりとそこで過ごす時間が

なにより楽しい

 


歴史がどうとか

石垣がどうとか

建物がどうとか

もちろん好きだけど

 


静かな所でのんびりと過ごす。

この上ない幸福

 


。。。。。

 


こうやって人はじじいになっていくのだな、、

タピオカを飲んで

若さを取り戻さねばならないらしい

f:id:kryo428:20191002203159j:image
f:id:kryo428:20191002203155j:image

 


                                         つづく

リョウスケ

 

 

 

もう10月かァ。。早いなァ。。増税かァ。。

スーパーで買った弁当を、イートインがあったからそこで食べようとして、張り紙に気付く。「イートインでお食事される方はお会計時にお申し付けください」、、増税!! 寒い思いしながら近くの公園で食べたよね、、人の目を気にしながら、、こうやって旅人に優しくない時代が出来上がっていくのだな。。