チャリ旅日記

旅の記録をつけるよ

7つの温泉巡り

 


どうもリョウスケです

 

 

 

旅214日目

京都→兵庫(久美浜城崎温泉

天気  曇りはれ

 

 

 

7つの温泉に入ることを目標にしていた。

 

f:id:kryo428:20190917190405j:image
城崎温泉には7つの古くから続く外湯がある。

これらは1200円の湯めぐりパスを購入することで

当日に限り7つの温泉を

何度でも入ることができるようになっている。

 


城崎温泉にある7つの温泉

そのすべてに入ることがわたしにとっての

悲願だった。

過去に一度城崎温泉を訪れた際

時間の都合上3つ回るので限界だった記憶があり

是非とも次訪れた時には

7つ全て回ってやろうと

心の中に強く誓ったあの日、、

あれから数年、

ついにその切実の思いを果たす時が来た!

 


というのに、、

一つ目のお風呂に行き

湯巡りパスを購入したところで

店員さんに

御所の湯は今日はお休みです(7つの中の一つ)

と言われ

開始早々に目的を見失ったわけだが

仕方がない。

とりあえず残る6つをのんびりと周ることにした。

 

f:id:kryo428:20190917190526j:image


城崎温泉は気に入っている温泉地の一つで

街全体の落ち着いた雰囲気と

歴史ある外湯が7つあるというのも魅力で

しかもパスを使えば自由に入れ

観光地としても申し分ない。

f:id:kryo428:20190917190707j:image
f:id:kryo428:20190917190704j:image

あちこちに雰囲気の良い旅館が点在していて

浴衣に下駄を鳴らして闊歩する宿泊客に

羨望の眼差しを向けずにはいられず

いつか私も、

公園にあるトイレの横のベンチで野宿せず、

ちゃんとした旅館に泊まり

美味しい海の幸と

但馬牛を腹一杯に頬張り

のんびりと時間を気にせず温泉に浸ってみたいものである。

私なんかより

明らかに若いカップルなんかもいて、、

はあ、、、

朝食の目玉焼きに醤油かソースかで揉めて

つまんない諍いで喧嘩に発展し

別れたらいいのに、、

と他人の不幸を願っていたのはここだけの話。

 

 

 

地蔵湯

f:id:kryo428:20190917190754j:image

 

柳湯

f:id:kryo428:20190917190832j:image

 

一の湯

f:id:kryo428:20190917190852j:image

 

鴻の湯

f:id:kryo428:20190917190943j:image

 


と行き、少し体に違和感を覚える。

なんだか体がダルい。。

繰り返し服を脱いで湯船に浸かり

体を拭いて服を着て

という一連の流れが知らず知らずに負担になっていたのか

四つ回ったところで

とてもしんどいと感じた。

風呂に入って体が疲れるとは思わなかった、、

 


あと二つ、、

まだ二つもあるのか!!

 

 

f:id:kryo428:20190917191020j:image
まんだら湯に入り

心身ともにピークを過ぎた体に

気合いを入れ

残るあと一つのお風呂を目指す。

ふらふらになりながら歩き

頭の中ではZARD「負けないで」が流れ

最後のさとの湯へ

 


駅前にあるさとの湯は

お風呂も他の5つに比べると一番広々としていて

休憩所も広く

お風呂で疲れた体を

お風呂で癒すことができた。

 


長かった挑戦が終わった。

店を出ると空は暗くなっていて

丸一日かけてお風呂に入る日が来るとは、、

と少し驚く。

f:id:kryo428:20190917191129j:image


なんだかんだ

1日かけて風呂めぐりするという

貴重な経験ができて、

楽しかった。

7つの温泉に入ることは叶わなかったが

あと一つは未来にお預けだ

また来る理由ができた。

次来るときは少しお高めの旅館に泊まり

美味しいご飯を食べ

浴衣を着て

下駄を履き

カランコロンと響かせながら

温泉巡りと決め込もう。

傍らには綺麗な奥さんがいて

足元をちょこちょこと付いてくる可愛い子どもがいて、、

お風呂だけに

そんな妄想にも浸ってみる

 

 

 

                                つづく

リョウスケ

 

 

《ギャラリー集》

 

f:id:kryo428:20190917191558j:image

兵庫に入りました!


f:id:kryo428:20190917191638j:image

臨時休業中の御所の湯


f:id:kryo428:20190917191626j:image

温泉寺と呼ばれるお寺があり

f:id:kryo428:20190917191550j:image

山を登らなければならない、、
f:id:kryo428:20190917191546j:image
f:id:kryo428:20190917191607j:image

やっとたどり着いたが
f:id:kryo428:20190917191613j:image
f:id:kryo428:20190917191604j:image

さらに上があるらしく

わりと大変な山道を30分ほど登り
f:id:kryo428:20190917191610j:image

ようやくたどり着いた。

曇ってなければ絶景である

曇ってなければ、、


f:id:kryo428:20190917191632j:image
f:id:kryo428:20190917191644j:image

かわらけ投げ

あの小さい輪っかに入るとはとても

思えない、、

無謀なことには挑戦しない

つまらない男である。


f:id:kryo428:20190917191621j:image

たい焼きならぬ

カニ焼き


f:id:kryo428:20190917191542j:image
f:id:kryo428:20190917191617j:image

夜の城崎温泉