チャリ旅日記

旅の記録をつけるよ

寺を巡る

 


どうもリョウスケです

 

 

 

旅209日目

京都(京都市→亀岡)

天気  はれ  大雨

 

 

 

京都市内にある観光地にはだいたい

行った事がある。

世界遺産に認定されている建物群から、

有名な寺社仏閣まで

今更改めて行くにしても、

京都の観光地はとにかく人が世界中から訪れるものだから

どこもかしこも人で溢れかえっていて

あまり気が進まない。

 


どこか良いところはないかと母に相談すると

嵯峨野のあたりにあるお寺が良かったと勧められた。

嵯峨野といえば、

京都の西側奥にある嵐山の近くで

私の昔の下宿先からもほど近く

むしろ近かった分、

あえて行こうとは思わなかった所である。

 


次の目的地に向かう方角でもあったし

ちょうどいいかもしれないと行って見ることにした。

 

☆☆☆☆☆

 

f:id:kryo428:20190912185713j:image
f:id:kryo428:20190912185717j:image
早朝の嵐山はまだ少し落ち着いている。

それでも外国人観光客の姿をちらほらと見かける機会も多く

さすが古都京都!

やはり日本で旅行をするなら東京か

京都なのか

北海道にもたくさんの外国人観光客を見かけたが

どちらかというと

八割がたアジア圏の外国人が多かったのに比べ

京都はまさにワールドワイドで

聞こえてくる言語も様々な印象である。

 

 

 

竹林の道を歩くーーー

 

f:id:kryo428:20190912194306j:image

まっすぐ伸びた道の両脇に背の高い竹が生い茂る。

風が吹くたびにざわざわとと

心地よい音が流れ

気温は高く立ってるだけで汗が流れる蒸し暑い気候も

竹林の中は若干と涼しいような、、

そんな気持ちにさせてくれる。

 


どこかで借りてきたのか

浴衣に下駄を履いて歩く観光客の姿が、

海辺で水着にサンダルでビーチバレーを楽しむイケイケの若者たち同様に、

あるいは向日葵が咲く丘の上で白いワンピースに麦わら帽子を被った

資産家のご令嬢同様に、

風景に見事にマッチしていて

普段浴衣なんぞ着たことも

着ようとも思ったこともない私でさえ

浴衣いいなあ、、

と羨望の眼差しを向けてしまう魅力が

この竹林には潜んでいた。。

f:id:kryo428:20190912194635j:image

 

 

母から勧められたお寺は多く

さすがに全てをまわるにはどのお寺にも参拝料がかかる以上

厳しいと判断し

特におススメだと言われたお寺だけ中に入ることにした。

 

「化野念仏寺」

f:id:kryo428:20190912194855j:image

古い浄土宗のお寺で、

お寺の特徴は驚くほどたくさん置かれた石塔や石仏の数

f:id:kryo428:20190912194946j:image

およそ八千体はあると言われていて

とても神聖な雰囲気が漂っている。

f:id:kryo428:20190912195003j:image

六面六体地蔵と呼ばれ

六面にお地蔵さんがおり

六道と呼ばれる六つの世界をそれぞれ表していて

一つ一つにお水をかけ

お参りしていくことで罪障を洗い流す意味がある。

f:id:kryo428:20190912195108j:image
ルールがあって

順番やお参りの言葉なんてものもあるらしかったが

よくわからず

適当にやってしまった

説明をちゃんと読んでからやればよかった、、

未だに後悔している。。

※説明書を読まずにゲームを始めるタイプ

 

愛宕念仏寺」

f:id:kryo428:20190912195146j:image

このお寺の特徴は

なんといっても何百体と置かれた石像。

f:id:kryo428:20190912195339j:image
f:id:kryo428:20190912195345j:image

f:id:kryo428:20190912195500j:image

表情豊かな羅漢と呼ばれる石像たち

お参りをしている形の石像から

なにやら大声で笑っていそうな石像

何かをしている石像

お酒を飲み交わしている石像など

いろんな形の石像が境内の至る所に置かれていて

一つ一つ見て回るのも楽しい。

f:id:kryo428:20190912195638j:image
f:id:kryo428:20190912195634j:image

まるで集合写真みたいに横並びに並んでいる。

苔むした感じが何百年も昔からあるものなのかと思いきや

テニスラケット、、

f:id:kryo428:20190912195700j:image

なんだか面白いお寺だった。

 

 

 

同じ道を引き返して嵐山の方に戻ると

別世界のように人、人、人、、

朝の落ち着いた雰囲気は何処かに消えていた。

 


朝か夕方か、

 


人気の観光地を存分に楽しみたければ

そのどちらかに限るらしい。

特に京都なんて

落ち着いた雰囲気こそが、

夜の静かなバーで一人カクテルを傾けるどこか寂しげな大人の女性同様に、

魅力を感じるのだから仕方がない。

 

 

 

                                  つづく

リョウスケ

 

 

《ギャラリー集》

 

f:id:kryo428:20190912200037j:image
f:id:kryo428:20190912194641j:image
f:id:kryo428:20190912200033j:image
f:id:kryo428:20190912200029j:image
f:id:kryo428:20190912200041j:image


f:id:kryo428:20190912200045j:image
f:id:kryo428:20190912200058j:image

阿吽


f:id:kryo428:20190912200102j:image

世界遺産 天龍寺

綺麗な広いお庭が有名


f:id:kryo428:20190912200053j:image

反対側から渡月橋


f:id:kryo428:20190912200048j:image

朝は晴れていたのに

昼前から土砂降りの大雨が夜まで続く